【受診記録】子宮内膜症 チョコレート嚢胞

子宮内膜症 チョコレート嚢胞 チョコレート嚢胞

子なしの原因のひとつは、子宮内膜症だったのかもしれないよね。

チョコレート嚢胞は本来子宮の内側にある子宮内膜が卵巣に発生することで起きる子宮内膜症の一種です。本来、卵巣に出来た内膜病巣も月経時に剥離して経血として排出されますが、排出されない古い血液がチョコレートの様な状態でたまり、袋(嚢胞)を形成することを「チョコレート嚢胞」と呼びます。
年齢が高いとがん化し卵巣がんとなるリスク、若くてもチョコレート嚢胞が大きい場合がん化するリスクもあります。

https://ohori-hosp.jp/division/gynecology/chocolate-cyst/

仕事に明け暮れ、自分の体には無頓着。不妊傾向があるなと自覚しながらも、性自認に若干違和感もあっため、まぁいいかと歳を重ねた。

44歳だったかな?母が卵巣癌になったことをきっかけに婦人科ドックを受け、子宮内膜症が発覚した。

緊急性もなく、閉経も近そうということで、将来癌化した時には早期に見つけるため経過観察に。

しばらくはマジメに通ってましたが、次は半年後、と、なった時点から通院をさぼり、放置

転職したりの環境の変化と、閉経前の生理不順で時間確保が難しくなったり、隣の市なのでちょっと遠くて、、、言い訳はたくさん自分の中にはあったんだけど。
そして、47歳で閉経
49歳市内に女医さんのクリニックができたと話を聞き、3?4年ぶり?に受診してみた。

本来は紹介状を持って治療を引き継いでもらうところだけど、通院サボったことが後ろめたくて、初診からのスタートにしてもらったよ。ヨカタネ。

子宮内膜症チョコレート嚢胞の経過観察記録

年月日診療内容備忘録
2021年8月20日初診(右腰違和感のため)
超音波検査(卵巣・盲腸・子宮)
血液検査(腫瘍マーカー)
細胞採取(頸癌・体癌)
緊急なことはないらしいが 閉経してるわりには、
卵巣が大きくて子宮内膜も厚いため、
細胞採取と採血。
正確なサイズを測るため来週MRI。
閉経してると、卵巣はほとんど映らないらしい。
細胞採取後、説明中気分が悪くなった(迷走神経反射)。
2021年8月27日MRI
検査結果説明
左の卵巣3.6センチ、右1.2センチ だったかな?
4センチ以下なら大丈夫。半年後の変化を確認。
卵巣癌、子宮頚癌、子宮体癌いずれも無し。
炎症もない。
貧血気味だが、閉経しているので出血もないわけで、特に問題ないとのこと。
長らく放置していて気になっていたのが、一安心。
一人で区切りのシュークリームを食べた。

●閉経に関する書籍は画像をクリック!〈楽天Booksの商品ページが開きます〉

コメント

タイトルとURLをコピーしました